福岡市の花屋アンジーです。
プロフィール

Author:Andj
福岡市城南区の花屋 アンジー。
福岡市フラワーショップ

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

とあるレストランオーナーからのご注文。
日ごろお世話になっている方にクリスマスプレゼントをとのこと。
プレゼントはその方のご自宅にてクリスマスパーティーがあるのでそこにをお届け。
イメージをお伺いするため、器、お花の雰囲気、セッティング場所等々、何度もお店に足を運んでいただき打ち合わせ。

当日、メガネとG店長にてセッティングに。
ある程度までお店で作りこみをして、残りは会場にて(っていってもご自宅ですが)。

天井の高さは問題ないとお伺いしていたので超ロングな柳を準備していったのですが、いやいや驚きました、天井高っ!!6m以上あるんじゃないかっていうくらい。恐るべし!!

で、最終仕上げを終えてお話していると、横にいるG店長が飾ってある写真を凝視・・・。
見ると、各界の著名人たちとのツーショット写真がずらり・・・・。このお方、何者???

が、そんな雰囲気にのまれることなく、スムーズに仕事ができたのも、ご依頼主の気配りと
情熱の賜物。感謝、感謝。

Andjも3月にopenして9か月、ほんとに日々お客様に育てていただいているんだなーと実感しています。

そして、少しずつすこしづつですが、ただ、着実に成長しているのかなと。

さぁ、2007年ラストスパートです。

新年を飾る麗しいお花を皆様のもとに!!



クリスマスプレゼント(O邸に)

1227.jpg

アマリリス、ダリア(黒蝶)、アジサイ(アンティークレッド)他
手作り♪
保育園から持って帰ってきた娘の手作りリースとクリスマスカード。
とっても上手に出来ていたのでパチリッ。






無双窯
友人の紹介で田川郡糸田にある無双窯元に行ってきました。
その友人宅の食器のほとんどが主宰である修さんが焼いたもので、
いつも料理を引き立たせてくれる優れものばかり。
なかなか時間が取れず行く事が出来なかったのですが、車で走ると1時間半と意外に近い。
山道を走り、着いた先は池のほとりにある大自然の中の一角でした。

どうして窯元に?!っというと、今回の目的は水盤を作る事!!!
なかなか気にいった水盤がない事を友人に相談したら、「自分で作ったら?」っと・・・。
そんな運びで粘土いじりをさせていただきました。
初めての方はたいていコップくらいから始めるものなのでしょうが、
私が挑戦したのは30センチの水盤。かなり大作です!!
修さんに手取り足取り教わりながら没頭すること3時間。
友人や子供達も一緒だったのですが、一人没頭し続け・・・何とか形になりました。
っで、出来たのがこの形☆





それからもう一つ。
今度は形や大きさを伝えて修さんにロクロを回して作っていただいきました。
ロクロを回し始めて5分もかからずこの形に。さすがっ。
職人技を間近で見ることが出来、かなり興奮してしまいました!!
ホントに贅沢な時間を過ごさせていただきました。


Image140.jpg


どちらも仕上がりが今から楽しみ。
自分で作った水盤に花を活ける。
こんな素敵な事が実現できるなんて、友人や修さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
人に支えられ、人に助けられ・・・と最近よく実感します。
そんな感謝の気持ちにさせてくれる友人たちとの時間・・・これからも大切にしていきたいです。


Image138.jpg


無双窯
http://musougama.com/index.html
HOLLY!!
いよいよクリスマスまであと4日ですね。
街では年々イルミネーションがバージョンアップし、かなり見ごたえのあるものも。
とくにキャナルシティ博多の今年はすごい!!!
森のシャンデリアと題したインスタレーションは必見です。
間近でぜひ見ていただきたいです!(><)!
 
そんなクリスマスの話題から一つ。

私が花屋に勤めだしてから初めてのクリスマスシーズンを迎えたときに
勤めていた先の店長がたくさんのホーリーを買ってきました。
観賞用?!
私の中ではクリスマスケーキの上にちょこんと乗ったぎざぎざ葉っぱと赤い実。
どんな意味があるかもそれまで知りませんでした。

もともとは、古代ケルト人が魔よけのおまじないに使ったのだとか。
一年中常緑であることから永遠や神聖なるものを連想させることからこの時期に
飾る風習ができたのだとか。

なるほど。
昔からあるものや事柄には奥深さを感じます。

また、とんがったヒイラギも老木になるにつれ、
棘はなくなり、なめらかな縁の葉に変化します。
人間と同じように植物も年を重ねるにつれ、
棘はなくなり、なめらかな縁の葉に変化します。
人間と同じように植物も年を重ねるにつれ、
角が取れて丸くなるということでしょうか。









クリスマスの定番
この時期になるとすっかりおなじみとなったポインセチア。

品種改良が進み、今では赤だけにとどまらず白やピンクなどいろんな色で

クリスマスの訪れを教えてくれます。

中でも葉がくるんとカールしていてかわいらしいウインターローズは毎年人気の一つです。

赤い色したバジル?!のようなイメージです。

しかし!!

そんなポインセチアですが、

実は寒いところが苦手なメキシカン・・・。(メキシコ出身)

とはいえ、この時期花屋の店先には色鮮やかなポインセチアがずらり。

カゼ引きそう・・・。なんておせっかいなのですが、

ポインセチアの大好きな場所はお部屋の中。

お日様も大好きなのでできれば窓辺が◎

それから、色のついた葉のようなものは、葉でも花でもなく苞です。

花は一番上に小さく咲いているものがそうです。

苞の一番ポピュラーな色は赤ですが、他に白やピンクなどの色があります。

お持ちのポインセチアはぜひおうちの中に!!

ちなみに乾燥に強いのでお水は控えめに♪



お供えのアレンジメント
1219.jpg

シンビジウム、バラ、マム(セイオペラ)、アンスリウム他

Spring flower spinning!!
あと2週間。
ほんとに早い。月日は駆け足で。

今朝、花市場には、菜の花が。
クリスマス、お正月を通り越して、チューリップ、ラナンキュラス、ヒヤシンス・・・春のお花が本格的に。

あまりの可愛らしさに思わず手が出そうになりますが、今の時期まだ例年以上に深紅、深いブラウン系の花達が気になって・・・ウ~~我慢がまん。
年明けからにしようっと。(我慢できるかどうか・・・)

今年は年明けから、生産者の方に無理をお願いして、鮮度と品質抜群のチューリップが直送で届く予定。

Andjの春のお花、お楽しみに!!。

とはいっても、2007年クリスマス、お正月のお花、ご予約承り中です!!

ちなみに・・・お正月のお花、31日のお届けは終了いたしました。
ありがとうございました。
28・29・30日のお届けはバッチリお待ちしております。


お誕生日の花束
1217.jpg

ガーベラ(ダークレディ)、バラ(トアスウィート)、カラー(ホットチョコレート)他



ようやく会う事ができました!!
1215.jpg

名前 やりがい君(本名)

春に出会って、長い間探していた怪しいやつ。
ブロッコリーとカリフラワーの掛け合わせ。
本来は野菜なので食べる事ができます。

今のところ、お嫁に行く予定がないので、興味のある方は是非!!

早くしないとメガネスタッフに食べられますよ~!!
シフクノジカン。
寒いっす。
今日の夜には、雪が降るとか降らないとか・・・。ヒェー・・・。
こんな寒空の中ご来店していただいたお客様、ホント感謝、感謝です

先日のお電話でのご注文。
「クリスマスも近いし、赤いアマリリスで、花束でお願いね~~。華やかにね~、あとはオマカセで!!。」
アマリリスですか・・・。
しかもH様、あしたでしょ~。
アマリリスの出荷の状態は、カチカチのつぼみ。
残念ながら華やかさとは程遠い。
アマリリスの出荷は、合わせるお花は、クリスマスで、華やかに、全体のイメージは・・・。
これぞ花屋の醍醐味っていう時間です。

で、どげんかせんといかん。

で、こんな感じに仕上げました。

サロンへの手土産に。
1213.jpg

アマリリス、バラ・アマダ、ヨレスギ、サツマスギ、モミの木、ハートカズラ他

H様、ありがとうございました!!
2008
お待たせいたしました!!
2008年のお正月を飾るアレンジメントのサンプルを店内にて展示開始!!
今年は、ランと大輪の洋菊を使用したデザイン。
しっかりと長持ちするお花で一つひとつ丁寧にお作りします。
ご予約はおはやめにおねがいしま~す。
ご予算、サイズ等ご希望に合わせてご用意します。

もちろん事前にご予約いただいた方にはお花をプレゼント!!


お正月のアレンジメント
12112.jpg

シンビジウム、マム、松、千両、葉ボタン他
@ALCHEMIST
とうとうやってきました!!
ALCHEMISTさんにてオーダーしたジャケット。
いやはや素晴らしいフィット感。
特に腕回り、脇から腰にかけてのシェイプ感、いやいや、やられました。素敵過ぎます。

またあくまで仕事中に着る事を前提にお願いしたので、ハサミやナイフの出し入れに最適な着丈や、水仕事の際に捲くることのできる袖口等、わがままをたくさんくみ取って、アドバイスをしていただいたことで、ドレスとしての美しさプラス、機能面でも大満足の仕上がりでした。

早速、この冬のヘビーローテーションの仲間入り。
大切に着たおしますよ~。

ALCHEMISTのおふたりに感謝感謝!!
ただ、ついつい長居してしまうサロンの居心地の良さは要注意っす!!


12091.jpg


http://e-alchemist.biz/
肩書・・・。
今朝、花市場で「寒いっすね~」「寒いっすね~。」「で、どうよ調子は・・・・」とか何とか言いながら、珍しく真面目に季節感について、知り合いの花屋と話をしていた時の事。

「日本人は四季を分母に生活してるけど、西洋人は個人の上に自然が成り立つ分化よね~・・・・。やっぱり枝物買っとくか~。季節感出るし・・・。」

なんて話をしたので、以前に読んだ黒川雅之氏のBLOGの内容がそういえば超HITだったことを思い出して、以下一部抜粋、

― 今では「ものづくり」と言えばメーカーのことなのだが、それ以前に「ものつくりの専門家」とは職人のことだった。ものをつくるとは素材を加工することだから職人は素材といつも会話して素材の心を知っていた。加工しているうちに素材への愛情や素材との一体感が育っていくのだろう。
素材とは身の回りの自然の一部のことで、素材と語り合うとは自然と語リ合うことを意味している。人間も自然の一部だから職人さんは「自然と自分との一体感を感じながら素材と会話している人」だと言うことになる。
デザイナーがなにかもの足りないのはこういう素材との一体感が持ちにくい職能だと言うことである。日本人は自然を「対象」とは感じていない。西洋人は自分の視座から自然を対象として眺めて、加工して自分に適したものにしようとするから科学が生まれる。それなのに自然との一体感を感じている日本人にはなかなかそうはいかない。だから日本人は「出来るだけ加工しないでつくろう」とする。話はそれるのだがだから日本の物は着物だって食物だって家だってあまり加工しない物が多い。

ワォッって感じですね。


で、話は軽くつながって、

「花屋の名詞にはデザイナーやら、職人やら、アーティストやら、代表取締役やら、主宰やらなんだかんだと肩書が色々とあるけど、あくまで花屋は花屋で肩書きも何も、花屋は花屋でしょっ」

て話をしたついでに、自分の名刺の肩書を何にしようかと相談してみたのです。

が・・・

いいのが思い浮かばないので、とりあえず・・・、インチキメガネあたりでどうかとか、セケンシラズノアオニサイでどうかとか、クチハッチョウテハッチョウとか、なんだかんだとさんざんに言われ、悔しいので、名刺の肩書はとりあえずやめにして、っていうかもともとないけど・・・。

「今をときめくイケメンデザイン花職人」あたりで報道・雑誌関係にプレスリリース流して、そっちの線でいくか~なんて一瞬頭をよぎりましたが、

キモイので潔くそれもやめます。

やっぱり、一つひとつ大切に綺麗に作ります・・・。

結局、僕は花屋で、僕にはそれしかできませんから。



お誕生日のアレンジメント

1207.jpg

バラ・ブルズアイ、ガーベラ・パスデローサ、デンファレ・JCトーマス、カラーほか

サプライズ。
先日、閉店間際にひとりのお客様がご来店。

ゴールドクレストをプレゼント用にとの事。

お話をお伺いすると、お勤めになっているお店に3周年のお祝いを、との事。

自分が働いているお店にプレゼント。

「素敵やないか!!」と心の中で素直に感動しながら、メッセージカードを書いていただくことに。

とても美しい字で、丁寧に、時間をかけて、一文字ひと文字吟味した言葉で・・・。

気持ちをこめてメッセージを残す横顔は、見ているこちらが幸せになるほどに、美しいものです。

ただ本来はサプライズでご自身でお持ちになりたいとの事でしたが、お仕事柄、お車に土を持ち込むのは衛生面から避けたいとのことから、当日Andjよりお届けさせていただくことに。

お届け当日、残念ながらご依頼主様は帰社された後で、代わりに女性の方が受け取りに。

事情がわからず困惑する女性に、ご依頼主様からのメッセージをお渡しし、いきさつをご説明すると、本当に・・・、本当にうれしそうに、目に涙を浮かべて喜ばれました。お伝えしているこちらがもらい泣きしそうなほどに・・・。

受け取りをしていただいたのは、ご依頼主様のお母様。

お店を創業されたお母様に、お嬢様からの心温まるお祝いのプレゼントでした。

ご自身が働くお店を愛する気持ちと、お母様への感謝と敬意の気持ちがこめられた心温まる贈り物。

幸せな時間でした。




しかーーーーーも!!!!

なんと、帰り際、お母様からお土産までいただいてしまいました・・・・・。

頂いた、「パンの形をした幸せ」はスタッフみんなでおいしく頂きました!!



パクリの得意なメガネ、32歳。

お花の形をした幸せ」を届けるために明日も頑張ります。

早速かいっ・・・!!



開店お祝いのアレンジメント(宮崎市へ)


1204.jpg

ユリ(シベリア)、葉ボタン、バラ(トアスウィート)、アンスリウム他


早いっす!!
お昼頃、お店の周りを赤い旗を持った方がぽつぽつと。

何事かと思い、ご近所をパトロール。

そう、なんと本日は福岡国際マラソン!!

近くの202号線がルートになっている模様。

パトロール中に、近くにいた警察官に逆職務質問、「12時50分ごろに通りますよ。」とのこと。

それならばと・・・。

お店を抜け出し、旗振って応援でもしようかと沿道にて待機。

しかし、思ったよりランナーの皆様のスピードに唖然・・・・。

僕の自転車の速さと変わらない、っていうか負けてるし・・・。

しかも、今回のルートを調べてみると、すごい距離。

42.195kmってこんなに長いんですね。

いやいや、鍛えるとこうもなるものかと。

こうなったら来年はフルマラソンにでも挑戦してみようかな・・・、ウソです・・・。体壊します(*_*)

逃げ脚だけが自慢の32歳のメガネ。



退職祝いの花束
1202.jpg

バラ(ドルチェヴィータ)、ガーベラ(ダークレディ)、バーゼリア、ローズゼラニウム、クリスマスブッシュ他


Christmas Wreaths !!
あれよあれよという間、12月・・・。
今年もあと一か月。
悔いが残らないように・・・あと一か月、がんばりまっす!!

で、年末のこの時期、花屋にはクリスマスにお正月準備とイベントが盛りだくさん。

で、Andjでも遅ればせながらクリスマスに欠かせないクリスマスリースの製作の開始。

いつもは生花オンリーなので、たまにはアートフラワーもいいかなと思い、今年はプリザーブド&アートフラワーリースにしました。

1201.jpg



クリスマスで飲んだくれ、忘年会で飲んだくれ、と大忙しのこの季節。

くれぐれも路上でおやすみするなんてことのないよう、ご用心を・・・。

と自分に言い聞かせながら・・・毎年後悔している、成長しない僕。